Camouflage

デスクトップをカモフラージュ! 邪魔なアイコンやフォルダをさっと隠します

Camouflage(カモフラージュ)は、デスクトップ上に散らかったアイコンやフォルダを一瞬で隠すことができるアプリケーションです。人にデスクトップ画面を見せるときなど、散らばったアイコンなどをすぐに隠すことができます。また同時に、壁紙を変更することもできるので、普段アイドルの壁紙を使用していて他人に見せたくないような時にはCamouflageを使ってさっと切り替えましょう。デスクトップがいつもフォルダやアイコンでいっぱいで見づらくなってしまうと言う人は使ってみてはいかがでしょうか。 完全な説明を見ます

賛成票

  • デスクトップ上に散らかったアイコンやフォルダを一瞬で隠すことができる
  • 壁紙を切り替えることもできる

反対票

  • 他に表示されているFinderやブラウザーなどの画面を隠すことはできない

とても良い
8

Camouflage(カモフラージュ)は、デスクトップ上に散らかったアイコンやフォルダを一瞬で隠すことができるアプリケーションです。人にデスクトップ画面を見せるときなど、散らばったアイコンなどをすぐに隠すことができます。また同時に、壁紙を変更することもできるので、普段アイドルの壁紙を使用していて他人に見せたくないような時にはCamouflageを使ってさっと切り替えましょう。デスクトップがいつもフォルダやアイコンでいっぱいで見づらくなってしまうと言う人は使ってみてはいかがでしょうか。

Camouflageをインストールすると、メニューバーにアイコンが現れます。アイコンをクリックして「Hide Icons」をクリックすると、デスクトップ上のフォルダやアイコンが非表示になります。すべて見えなくなるので、デスクトップがすっきりします。表示/非表示の切り替えはショートカットキーで行うことも可能です。ショートカットキーを使えば一瞬で切り替えられるので、設定しておくことをお勧めします。設定はメニューバーから「Preferences」をクリックして表示される画面で行います。

Camouflageではアイコンを非表示にするだけでなく、壁紙を切り替えることもできます。仕事用として落ち着いた壁紙に設定し、余分なフォルダを隠せば集中して作業できる環境にすることも可能です。なお、Camouflageは起動しておかないと、ショートカットキーを押しても表示を切り替えてはくれません。Preferences画面でMacの起動時に自動起動するよう設定しておきましょう。

Camouflageはフォルダや壁紙の表示を切り替えることはできますが、他に表示されているFinderやブラウザーなどの作業中のウィンドウを隠すことはできません。画面の表示切り替えには、Mac OS標準のExposé機能を使用しましょう。 Camouflageは、デスクトップ上のアイコンやフォルダを一瞬で非表示にできるツールです。

Camouflage

ダウンロード

Camouflage 3.1